日本ロボット外科学会 J-robo -Japan Robotic Surgery Society-

da Vinciiの紹介

手術支援ロボット“ダ・ヴィンチ(da Vinci Surgical System)”について

ダヴィンチは最先端の手術支援ロボットです。
1990年代に米国で開発され、1999年よりIntuitive Surgical社から臨床用機器として販売されています。1~2cmの小さな創より内視鏡カメラとロボットアームを挿入し、高度な内視鏡手術を可能にします。術者は3Dモニター画面を見ながらあたかも術野に手を入れているようにロボットアームを操作して手術を行います。

特徴

高解像度3D画像

特長写真:高解像度3D画像

EndoWristインストゥツルメント

特長写真:EndoWristインストゥツルメント

自由度を有するロボット鉗子は40種類以上の形状を有します。

自然な操作感

特長写真:自然な操作感

スケーリング機能や手振れ防止機能

ダ・ヴィンチ(da Vinci Surgical System)のデモンストレーション

ダ・ヴィンチ(da Vinci)で『折り鶴』や『御米の粒に文字を書く』ことができます。
デモレータ:石川紀彦 ニューハート・ワタナベ国際病院

ダ・ヴィンチ(da Vinci Surgical System)のシリーズ

米国では現在までに3世代のda Vinci Surgical Systemが販売されています。 国内では2009年にda Vinci S *Systemが薬事承認され,販売が可能となっています。

*da Vinci* Si Surgical System 2009-

写真:*da Vinci* Si Surgical System 2009-

*da Vinci S *System 2006-

写真:*da Vinci S *System 2006-

da Vinci (Standard) 1999-

写真:da Vinci (Standard) 1999-