日本ロボット外科学会 J-robo -Japan Robotic Surgery Society-

メルマガ詳細

第5回日本ロボット外科学会学術集会(2012年6月8日)


第5回 日本ロボット外科学会学術集会を下記の通り開催いたします。
今回は「近未来への提言」をテーマとし、ロボット支援手術が進むべき 方向性について医学的のみならず、工学的、政治的側面も含めて活発に 討議していきます。 詳細は下記学術集会ホームページにてご確認ください。 皆様ふるってご参加下さいます様お待ち申し上げております。                                   記 日時:2013年1月19日(土) 場所:名古屋国際会議場(名古屋市熱田区熱田西町1番1号) 会長:宇山 一朗(藤田保健衛生大学上部消化器外科 教授) 第5回日本ロボット外科学会学術集会公式ウェブサイト http://www.congre.co.jp/j-robo5/ --------------------------------------------------------------------- ◇ 2012 ISMICS Annual Meeting --------------------------------------------------------------------- 201212 ISMICS Annual Meetingがアメリカロサンゼルスで開催され ました。学会参加者は800人前後におよび,演題は心臓血管外科系63題, 胸部外科系31題,その他胸部心臓血管外科系でのポスターが計213題発 表されました. やはり今年度も心臓血管系はTAVI(Transcatheter aortic valve implantation)に関する発表が多く,MICS(Minimally invasive cardiac surgery)やロボット手術に関する報告が続いていました. また新たるデバイスの実験的報告も興味深いものでした. 学会期間内に開催されたInnovations(J-ROBOの公認雑誌でもあります) の会議ではInnovationsがMEDLINEデータへの登録が認められましたこと が報告され,今後のImpact factor取得に向けて手続きが始められること となりました. 2011年の統計では日本国内からの投稿は全87論文中3論文だけであり, 国内からのさらなる投稿をお願い申し上げます. 消化器一般外科,泌尿器科,婦人科領域からの投稿も可能です.採択率は 決して低いものではなく,投稿し甲斐のあるJournalであると考えられます. この領域でも中国の発展は目覚ましく今後Innovations Chinese Versionが 発刊される事も合わせて報告されました.