日本ロボット外科学会 J-robo -Japan Robotic Surgery Society-

あなたは医療関係者ですか?

以降のページに掲載されている内容は医療関係者を対象に製品等の情報を提供することを目的としています。
一般の方や患者様への情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

da Vinciiの紹介

開発の歴史

1995-1996

インテュイティブサージカルは、低侵襲治療を通じ、医師とその手術チーム、およびヘルスケア全体が、患者さんの少しでも早い回復に寄与できることを目指して創立されました。ロボット技術、人間とデジタル機器を結ぶインターフェース、および低侵襲手術における世界的な専門家の力を結集し、画期的な手術プラットフォームの開発が始まりました。

1999-2000

1999年にダビンチサージカルシステムの販売を開始し、2000年に腹腔鏡手術領域においてFDA(米国食品医薬品局)の承認を取得しました。ダビンチサージカルシステムは、没入型コンソールのより良い視野と高い操作性、精緻性、そして人間工学に基づいた快適性を術者に提供します。ダビンチサージカルステムは低侵襲治療に大きな変化をもたらし、現在もそうあり続けています。

Today

当社は、低侵襲治療のさらなる発展に向けて製品開発を続けております。手術成績及びその効率の向上に寄与する、総合的なアプローチである「ダビンチエコシステム」をはじめ、今後ともあらたな技術やサービスの推進に取り組んで参ります。

Da Vinci サージカルシステムの進化

~20年以上にわたる手術支援ロボット開発の歴史~

※年は米国における販売開始時期

1999年〜 - 第1世代

Da Vinci

(※本邦未承認)

  • 3Dビジョン
  • インテュイティブモーション
  • EndoWristインストゥルメンテーション

2006年〜

Da Vinci S

  • 3DHDビジョン(720p)
  • 一定の手術領域へのアクセス
  • 効率化されたセットアップ

2009年〜

Da Vinci Si

  • 3DHDビジョン(1080p)
  • デュアルコンソール
  • シミュレーション
  • Firefly®イメージングシステム
  • アドバンスドインストゥルメンテーション

2014年〜

Generation 4

Da Vinci Xi

  • 広範な術野範囲へのアクセス
  • ユーザビリティの改善
  • 3DHDビジョンの向上(1080p)
  • 新たなインストゥルメントの開発
  • テーブルモーション

2017年〜

Generation 4

Da Vinci X

  • 一定の術野範囲へのアクセス
  • Da Vinci Xiと共通のサージョンコンソール、ビジョンカート、およびインストゥルメント
  • 臨床上・経済上のニーズへのソリューション

システム

Da Vinci Xi サージカルシステム

Da Vinci X サージカルシステム

Da Vinci エンドスコープ

Da Vinci のコアテクノロジー

アドバンステクノロジー

Da Vinci Energy

Da Vinci XiおよびX サージカルシステム専用ジェネレータE-100 は、組織のシール、切離が可能な2種類のアドバンスドエナジーデバイスが接続可能です。

Powered by the E-100 Generator

Speed with confidence.

Powered by the E-100 Generator

Vessel Sealer Extend

Enhanced efficiency with speed.

Vessel Sealer Extend

SynchroSeal

Streamlined performance.

SynchroSeal

Da Vinci Stapler SureForm

新世代のda Vinciステープラー、SureForm。
その主軸となるSmartFireテクノロジーと手首のような関節機能が新しいStapler体験を提供します。

Da Vinci Stapler SureForm

General Instrument

General Instrument

Fireflyイメージングシステム

Firefly イメージングシステムにより、術者の切り替え操作でリアルタイムに近赤外線ならびに可視光による組織の評価が可能です。

Fireflyイメージングシステム

インテグレーテッド テーブルモーション

テーブルモーション機能により、da Vinci Xi サージカルシステムが手術台(HillromTS7000dV)と連動することで、より適切な術野を展開することができます。

インテグレーテッド テーブルモーション

Da Vinci SimNow シミュレーター

サージョンコンソール実機の操作を、可能な限り実機に近い仮想環境にリアルタイムに再現することで、いつでも、非臨床環境で、補助を必要とせず、手技を自らトレーニングすることができます。

Da Vinci SimNow シミュレーター